介護タクシー開業サポート 許可取得

介護タクシー開業/許可取得を代行サポート

介護タクシー開業に必要な許可/訪問介護サービスにおけるケアプランに基づく通院等乗降介助に必要な許可/介護保険介護タクシー独立開業・立ち上げサポートをお探しでしたら、安心と信頼の『行政書士』にお任せ下さい。

介護タクシー開業サポートは、介護タクシーの開業や指定訪問介護事業所が通院等乗降介助を行う際に必要となる、一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業)の許可、訪問ヘルパーの有償運送許可、訪問介護の指定申請代行、その他介護タクシー開業や介護ビジネス開業に関するサポートを専門としております。

介護タクシーでの独立開業をお考えの皆様
ケアプランに基づく通院等乗降介助をお考えの訪問介護事業者様
介護タクシー許可の取得代行をお探しの皆様

是非当事務所をご利用下さい。

介護タクシーを始めるには、許可が必要です

介護タクシーを開業するには、道路運送法上の許可(一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業)許可など)が必要となります。

つまり、介護保険法による要介護認定を受けている者、障害者福祉支援法による障害者手帳の交付を受けている者、肢体不自由者等に対して、福祉車両(リフト・スロープ・回転シートを備え付けた車両)を利用し、又は介護ヘルパーの資格を有する者が乗車することにより、車への乗車・降車の介助を行い、目的地まで送迎するといったケア輸送サービスを行う場合には、道路運送法上の許可を受ける必要があるのです。

また、指定訪問介護事業者が、ケアプランに基づく通院等の乗降介助及び輸送サービスを行う場合にも、道路運送法上の許可(登録)が必要となります。

介護タクシー開業に必要な許可とは?

介護タクシー(介護保険介護タクシー)を開業する際に必要とされる許可は、主に次のとおりとなります。

 ①一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)許可
 ②訪問介護事業者の指定

介護タクシーは、①の一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)許可を受けることで開業することができます。この許可により、介護事業者でなくとも、要介護者等に対して、ケア輸送サービス(介護タクシー業務)を行うことが可能となります。ただし、①の介護タクシー許可のみでは介護保険法による介護報酬を受けることはできず、ケア輸送サービスに対する報酬(タクシー料金・その他サービス料金)のすべてを、お客様が負担することになります。

介護タクシーが介護保険に対応する(タクシー料金に加えて、介護保険法による介護報酬を受ける)には、①の許可に加えて、②の訪問介護事業者の指定を受け、指定訪問介護事業所として輸送サービスを行う必要があります。(介護保険介護タクシーといわれています。)これにより、ケアプランに基づき、通院等のために訪問介護員等が自らの運転する車両への乗車又は降車の介助を行うとともに、併せて、乗車前若しくは乗車後の屋内外における移動等の介助又は通院先若しくは外出先での受診等の手続き、移動等の介助を行った場合に、片道100単位の介護報酬を得ることが可能になります。

つまり、
1.介護タクシーをはじめる場合には、
 ①一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)の許可を受けること(※1)

2.介護保険介護タクシーをはじめる場合には、
 ①一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)の許可を受けること(※1)
 ②指定訪問介護事業者になること(※2)
が必要になる訳です。

(※1)一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)許可を受けるには、各運輸支局・陸運部へ許可申請しなければいけません。(同時に運賃認可申請も必要になります。)その際には、審査基準がございますので、各基準を満たすよう事前に準備する必要があります。

主な審査基準の内容について
介護タクシー 利用者
介護タクシー 使用車両
介護タクシー 営業所
介護タクシー 車庫
介護タクシー 運転者
介護タクシー 必要資金
介護タクシー 運行管理者等
介護タクシー 損害賠償保険
介護タクシー 法令遵守

(※2)指定訪問介護事業所となるには、指定を受けるために府県へ指定申請しなければいけません。その際には、指定基準がございますので、各基準を満たすよう事前に準備する必要があります。

指定訪問介護事業所を始めるための必要な準備は、次のサイトをご覧下さい。
訪問介護開業/指定申請について【介護ビジネス開業サポート】

まずは介護タクシーから始めて、後に訪問介護の指定を受けて介護保険介護タクシーを始めることもできますし、その逆も可能です。ただし、訪問介護の開業には、法人(会社)であること、最低でも有資格の従業員を2.5人配置していることが求められ、開業後はタクシー業務だけでなく訪問介護業務もバランスよく実施することが求められていますので、ご注意下さい。

また、訪問介護事業所において、訪問ヘルパーが自家用自動車でケア輸送サービスを行う場合には、上記①②に加えて、自家用自動車の有償運送許可を受けなければいけません。(これにより、訪問ヘルパーが、一定の条件の下、第1種自動車免許でケア輸送サービスを行うことが可能となります。)

介護タクシー開業許可申請代行

介護タクシー 開業 許可

介護タクシーを開業するまでの許可・届出手続き書類一式の作成・提出はお任せ下さい。

介護タクシーの開業手続きはとても複雑で手間が掛かります。スムーズに開業するためにも専門家である行政書士に依頼することをお勧め致します。尚、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。

上記以外でサポートに関するご要望がございましたら、ご相談下さい。

介護タクシー許可や介護事業者の指定申請書類の作成を、行政書士以外の者が業務として行うことはできません。(行政書士法 第1条の2)

介護タクシー開業サポート お問い合わせ

兵庫・大阪・神戸での介護タクシーの開業・立ち上げ・許可取得は、お任せ下さい。

お問い合わせ先 : 藤原寛行政書士事務所
             TEL:078-782-4555
             電話受付 平日 9:00~18:00

介護タクシー開業サポートお問い合せ

介護タクシー開業サポートTOPへ